ガンダムエクシアリペアIVの説明文でいつも笑ってしまう

スポンサーリンク
アニメ全般
名無しさん : 20/06/21(日)
いつも説明文で笑ってしまう



GN-001RIV ガンダムエクシアリペアIV
ELSによる襲来の後、活動を再開したソレスタルビーイングが、エクシアを改造して作りあげた機体。
武装や左腕などに、開発中の技術や試作品を多数採用する事で短時間で完成し、同時に旧型機をベースとしながらも、高い性能をキープしている。
失われた太陽炉に換わり、動力には疑似太陽炉を搭載する。
その一方で試作中の新型GNコンデンサーを各部に内蔵する事で、疑似太陽炉機としては破格の粒子使用量を実現。
また左腕は第6世代ガンダム用の技術を投入したことでこの部分のみ瞬間的に卜ランザムを発動させる事も可能となっている。
外見に大きな変化がない部分も出来うる限りの強化が行われており、内部構造は4世代型に匹敵するレベルに改造済みである。
また両肩のグラビカルアンテナも試作段階の新型が装備されており粒子制御で他のガンダムに引けをとらない性能を発揮する。

マイスターは、グラハムエーカー。元はガンダムと敵対する者であったが、ELSの母星へ旅立った刹那自ら彼に地球と仲間たちを託した。グラハムは、ELSと融合しているため、身体能力をはじめ多くの能力が飛躇的に高まっておりガンダムマイスターとして十分な活躍をすることとなる。なお、ミスター・ブシドーを名乗った事もある彼は左利きの刀

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました