「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」の感想

スポンサーリンク
声優
こんにちは西原さおりです   みなさまお変わりありませんか?毎日驚くようなニュースが届きますね。理事長交代というタイミングならではなのでしょうか…  いろいろと心が落ち着きませんが、個人的にはめちゃくちゃ嬉しいニュースも届いて気分が良いので、ここでひとつ記録しておこうと思います。 人生初の宝塚のバウ公演観劇の記録です。 『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』 花組・ほのかちゃん(聖乃あすかさん)バウ初主演作。友会で奇跡的に当選しまして、観ることができました。 もうとにかく一言で言ってしまえばほのかちゃんの成長著しい力作だったということです。 ほのかちゃんといえば誰もが認める「美」。どの媒体で見ても美しいですけれど、劇場で比較的前の方に座って、銀橋に立つ姿を肉眼で見たときの、衝撃的な美しさが忘れられません。中性的な美、という感じがしました。 ちなみにSS席からあーさ(朝美絢さん)の美と目力に触れたときもまさに衝撃でした。あーさは5期のキャリアの差というのか、すでに男役としての美しさが完成されていると思いました。  ほのかちゃんの話に戻ります。これまでどちらかというと、美の人、という印象が先行していた気がするのですけれど、今回はそこに力強さと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました